頭が痛くなる?引越しのたびに必要になる片付け

頭が痛くなる?引越しのたびに必要になる片付け

王道はない!とにかく不要なものを捨てる勇気

引越しのたびに、荷物の整理や片付けに頭を痛めている人は多いのではないでしょうか。一か所に長く住んでいると、知らず知らずのうちに荷物が増えてきます。ある日気が付くとごみ屋敷同然の状態、なんてこともあるかもしれません。そんな時に突然の引っ越しを迎えると、どこから手を付けたらいいか分からなくなってしまいますよね。引っ越しの片づけ作業に王道なしといわれています。誰もが使えるような魔法の杖はありません。ならば、使える手は一つ、ひたすら荷物の取捨選択を進めることです。しかも勇気をもって。

本当に必要なものは、実はとても少ない?

荷物の整理の際、必要なものと不必要なものに分けましょう、ということは誰もが言うことです。でも、実際に整理する段階になると、これはもったいない、あれはまたいつか使うかもしれない、それは大切なものだから、といった感じで結局あれもこれも残しておく、ということが多いのではないでしょうか。そこで、考え方を変えましょう。それは、大好きでいつも使いたい、とか最もお気に入りなので毎日でも着たい、という高いハードルを設定することです。この基準に従って、そして心を鬼にして、本当に欲しいものだけを選んでいくのです。こうすれば、少なくとも過半数、もしかしたら大半の荷物が不要品のグループに回されることになるかもしれません。

収納先、収納スペースに合わせた片付けが必要です

こうして、勇気ある選別作業を行った後は、不必要な物の処分を行うことです。引っ越しのスケジュールに合わせてリサイクル業者さん、自治体の粗大ごみ、出張買取りサービスなどを駆使し、どんどん処分していきましょう。そして、引っ越し先に運ぶものについては、季節外れで現在使用していないものをまとめることから始めましょう。段ボールに詰める際には、引っ越し先のどこに収納するかを基準にした整理が必要です。同じ場所に収納するものは同じダンボールに詰め、何が入っているか記載しておきましょう。この作業を少しずつ進めていけば、最後は、引っ越し当日に使う洗面用具や最低限のキッチン用品程度しか残らないはずです。そして、それは最後の段ボールに詰めれば、引っ越し準備が完了です。新居に引っ越し荷物を運びこんだ後は、同じ要領で少しずつ、あらかじめ想定した収納スペースに段ボールから荷物を移動する、という方法が上手な片付け方になると思います。

不用品の回収を効率化するコツは流れを決め、リサイクルショップなどで買取をしてもらうなどかかる費用を安くできるように工夫することです。