カーテンの色を使い分けよう!色がもたらす効果とは?

カーテンの色を使い分けよう!色がもたらす効果とは?

落ち着きたい場所なら、グリーン

リビングや寝室など、落ち着きたいお部屋にお勧めなのがグリーンのカーテンです。グリーンは植物などの自然の色のため、安心感を与えます。濃いグリーンのカーテンだと圧迫感が出てしまい、部屋全体も暗い印象になってしまいます。淡いグリーンにすると、ナチュラルな印象になり圧迫感もありません。また、どんなテイストの部屋にも馴染みやすいカラーです。白を基調にして爽やかなお部屋、濃い緑や木目調のものをアクセントにしナチュラルなお部屋などにしてはいかがでしょうか。

オレンジで食欲増進!

オレンジは、活発で健康的なイメージを持たせる色です。食欲増進作用があるので、リビングやキッチンに向いています。料理を美味しそうに見せてくれる色でもあります。日当たりが悪いお部屋でも、オレンジを使うことで部屋全体を明るくみせてくれます。はっきりとしているカラーなので、お部屋のアクセントとして数か所にオレンジを効かせることで、メリハリのきいたオシャレな部屋になります。グレーと合わせると、落ち着き感も出ます。

集中力を高めるブルー

清潔感があり、鎮静作用のあるブルーは、集中力を高めたいお部屋に向いており、子供部屋や寝室にお勧めです。気を付けなければいけないのは、寒々しい印象を与えてしまうというところです。北向きのお部屋などには向かないでしょう。暗い雰囲気になりがちですが、オレンジなどの暖かい色味をアクセントとしてもってくると、一気に柔らかな印象のお部屋になります。紺色など濃い色味より、水色やロイヤルブルーといった色味の方が圧迫感が出ず、コーディネートもしやすいでしょう。

自宅の出入り口などにカーテンを設置したい場合には、自分で簡単に設置できるひもカーテンを活用することができます。