営業代行はとても便利?そのメリットとは何処にあるのか

営業代行はとても便利?そのメリットとは何処にあるのか

営業代行とはこんなことをしてくれます

営業代行は会社の代わりに営業をしてくれるアービスです。アポ取りや訪問や契約、さらにはアフターサービスも行ってくれます。業者の中には第三者の立場に立って、客観的に商品やサービスに関するアドバイスもしてくれるだけでは無く、コンサルティングサービス等の戦略も業務内容に入っている所も。会社の営業部門に何か問題があるかどうか意見を聞きたい時にも良いでしょう。戦略立案まで視野に入れているならば、サービスを行っている業者を選びましょう。

営業代行への報酬について。成果報酬型

営業代行の報酬はそれぞれの業者によってスタイルが違います。成功報酬型の場合は、成果が上がった時に報酬を支払う形です。そのため成果が無ければ報酬を支払わなくても良いので、導入をするリスクは低いと言えます。ただし成果報酬型ですと、積極的に営業を行ってもらえない事もあるでしょう。営業をしていて見込み客が現れたらそこで、積極的に営業を行うという形が多いのでなかなか成果が出ない事も考えなければならないでしょう。

固定報酬型や混合型があります

固定報酬型は成果とは関係なく、期間によって報酬を支払わなければなりません。そのため営業代行業者は契約をしてもらわなければならないので、積極的に営業活動を行ってくれます。ただし、営業をして成果が出なくても報酬を支払わなければなりません。他にも成果報酬と固定報酬の混合タイプがあります。成果報酬型よりも成果が出た時の報酬は低く設定されている事が多いです。固定報酬型よりも固定費は低く設定している所もあります。

営業代行を依頼する目的は営業活動を専門の業者に代行してもらえるため、企業の社員を効率的に配置できかかる経費や手間を減らすことができます。